多額の借金があっても自己破産を希望しなかった事例

依頼主 40代 男性 


相談前
相談者は失業をきっかけに生活費が不足していた時期があり、生活費のための借金が500万円程になりました。
再就職し、妻もパートで働き始めたため、毎月4万円であれば返済できるのですが、毎月の返済が10万円近くなり、これ以上の返済は困難となってしまいました。

相談後
相談者に債務整理の希望を確認したところ、借りたお金はできる限り返したいので自己破産はしたくないということでした。
任意整理を選択した場合、毎月8万円を超える返済となるため、任意整理はできませんでした。
そこで、個人再生を選択し、500万円の負債を100万円に圧縮し、これを3年間(36か月)で返済することで完済できました。 

弁護士からのコメント
相談者には債務整理を決意するまでに様々な事情があり、債務整理の方針にも相談者毎の希望がございます。
負債総額によっては希望の方法を選択することができないこともございますが、可能な限り相談者の希望に沿って方針を決めたいと思っております。

<

アクセス

札幌駅前本部

札幌駅前本部

札幌市中央区北1条西2丁目1番地札幌時計台ビル 10階
新札幌駅前オフィス

新札幌駅前オフィス

札幌市厚別区厚別中央1条6丁目2番15号新札幌センタービル 5階