不動産を任意売却して自己破産した事例

依頼主 50代 男性 


相談前
依頼者は住宅ローンがあるマンションに家族と住んでいましたが、その他生活費のために借り入れた数百万円の借金がありました。収入が下がってしまい、各種債務の返済が困難となりました。住宅はオーバーローンの状況でした。

相談後
収入が減少しており、住宅ローンの支払が困難となったため、住宅ローン債権者と相談のうえ、自宅不動産を任意に売却しました。
そして、残った住宅ローンとその他の借金について、裁判所に自己破産申立てをして、無事に免責を得ることが出来ました。

弁護士からのコメント
自宅があっても住宅ローンの支払が困難な場合、自宅を売却したうえで、自己破産するという方法もあります。住宅ローン債権者との交渉や、不動産業者との交渉は、専門的な事項もありましたので、弁護士のほうで行いました。
自宅の売却等にあたって、自己破産手続きとの兼ね合いで注意点もございますので、まずは弁護士にご相談ください。

<

アクセス

札幌駅前本部

札幌駅前本部

札幌市中央区北1条西2丁目1番地札幌時計台ビル 10階
  • JR札幌駅より徒歩5分
  • 地下鉄さっぽろ駅より徒歩5分
  • 地下鉄大通駅より徒歩3分
新札幌駅前オフィス

新札幌駅前オフィス

札幌市厚別区厚別中央1条6丁目2番15号新札幌センタービル 4階
  • JR新札幌駅より徒歩5分
  • 地下鉄新さっぽろ 7番出口より徒歩1分

事務所ビルの付属の駐車場に、
無料の契約駐車場もございます。

Google Map